楽心の焼肉

焼肉一筋の店主が、焼肉をより美味しく食べる為に
様々な工夫を凝らして、毎日皆様のご来店をお待ちしております。
焼肉屋なら当たり前の取り組みかもしれませんが、
少しでも“美味しく”そして楽しんで頂けるように
まずはこちらから、楽心の焼肉を見て頂ければと思います。
なかでも、店主が自信を持ってご提供している「洗いダレ」は
皆さんに味わってほしい“こだわり”です。

塩物を食べるときの“タレ”

焼きたてのお肉を

洗いダレ

あまり見かけないこの透明のタレ。「洗いダレ」と言います。こちらはもちろん自家製のタレで、店主がおすすめする一度食べて欲しい自慢のタレです。
塩ものはこの洗いダレがおすすめ。
塩と昆布をベースに作るシンプルなタレですが
焼いたお肉にたっぷりつけて食べると今までの塩焼きとは全く違う焼肉を体感できる事と思います。

余分な脂を程よく落とす。

焼いたお肉にたっぷり漬けて食べてください。
焼いた時に出る、余分な脂が程よく落ちて
さっぱり塩味がしみ込み、お肉本来の味を
内側から引き出します。

洗いダレ

自家製タレ

つけダレは、数種類の醤油・お味噌・砂糖などを
オリジナルの分量で配合し
手作りで、少し甘めに仕上げています。
お客様の味覚は十人十色で、辛い物が苦手な方や、
甘いものが苦手な方でも
楽しんで頂けるように、このタレにお好みで、
ニンニク、コチュジャン、チョイ辛味噌を入れて
一番お気に入りの食べ方で楽しんで頂いております。

つけダレは

タレイメージ

ポンズ

薄口醤油をベースに、スダチ、ゆず等の柑橘系を効かせ
北海道産利休昆、カツオを2週間寝かせ
程よい酸味と深みの味わいのポンズに仕上げています。

チュジャン

京都の白味噌と米酢、砂糖、等を
楽心オリジナルのブレンドで調合し
程よい刺激と旨みのバランスの良いチュジャンに仕上げました。

醤油

北海道産利休昆布とカツオをブレンドし1週間寝かせ
加熱せず、時間をかけて旨みを出すことで
出汁の効いた深みの味になり、素材を生かす醤油になりました。

お米で焼肉は

焼肉とお米はもっとも相性が

左手にお茶碗を持って焼肉を食べる。
そんな光景を見ると、焼肉が食べたくなります。
それぐらい、焼肉にはお米が欠かせないと思っています。
もちろんお肉だけの味を味わって頂きたいところですが
お米との相性を考えると、焼肉をより一層美味しくすることが出来る
一品と考えてます。なので、できるだけ新鮮な状態で食べて頂けるように
その日使う分だけ精米しご用意しています。

その日使う分だけ精米します。

肉だけじゃない!

肉そば

お品書きはこちら

最初の一品から〆の一品まで

焼肉メニュー以外のサイドメニューにも、力を入れてご用意しています。手作りが基本の考えで出来る限り調理しています。
そして、楽心の焼肉に合うような一品を取り揃えています。
最初に頼む一品から最後のシメの一品まで自信を持って皆様にご満足していただけるお料理をご提供いたします!
思う存分、楽心で焼肉を楽しんで下さい。

最上部へ